MENU

AGAになる原因と対策のポイント

年齢を重ねると、髪の毛が薄くなってくるものですが、男性型脱毛症いわゆるAGAはその場合とは異なります。その原因を見ていくと、男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンが作用していることがわかります。

 

ジヒドロテストステロンは、もともとは男性器の生育など、男性として成長するために必要なホルモンです。しかし、それと同時に前立腺肥大や薄毛などを引き起こすために、悩みの種となってしまうのです。

 

原因となるホルモンがわかれば、
対策をどうすればよいのかというのも自ずと答えが出てきます。

 

ジヒドロテストステロンを出来うる限り抑制すれば、AGAは回避する事ができるのです。そのためにはジヒドロテストステロンを生み出す更に要素となる5αリダクターゼという酵素を抑えることが必要です。

 

育毛剤やAGA治療薬では、その5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

 

また、日々の生活の中でも食事で育毛剤や薬と比較すれば効果が落ちますが、同様に5αリダクターゼの抑制効果を得ることが可能です。5αリダクターゼを抑えることが出来る食材としては、納豆やレバー、牡蠣など亜鉛を多く含んだ食べ物があります。

 

特に大豆を使った食材はお茶と一緒に摂取すれば、より高い効果を期待できます。

 

m字はげの治療方法